(有)グループホーム翁頭
本文へジャンプ

グループホーム翁頭とは

公的介護保険の適用を受ける【認知症対応型共同生活介護事業】・【介護予防認知症対応型共同生活介護事業】の介護サービス施設です。


グループホームの趣旨

介護を要する認知症の高齢者が少人数で共同生活を行う形態で、食事の準備や掃除・洗濯・行事レクリェーション等をスタッフと共同で行うことにより、その方の能力を最大限に活かし認知症状の進行を抑制します。ご家庭にいるのと近い環境で生活することで不安を感じさせす゛、心身の状態を平穏に保ちながら暮らしていただくことを目的としています。
理念

【一人ひとりが自立して、持っている力を出せるように】

【信頼関係を持ち、穏やかに笑顔で暮らせるように】

【気持ちを尊重し、楽しい日々を過ごせるように】
面会時間
9:00〜19:00

見学   
9:00〜17:00


老人ホーム翁頭とは

入居時自立者〜要介護者を対象とし、生活支援等のサービスがついた、高齢者向けの居住施設です。別途介護サービスが必要になった場合、入居者自身の選択により地域の訪問介護等の介護サービスを利用しながら、当該有料老人ホームの居室での生活を継続することができます。
また要支援2〜介護1以上の方で認知症になられた場合、併設のグループホームに転入することが可能です。
はじめに
基本方針

1.認知症対応型共同生活介護の倫理を重んじ、日々自己研鑽に努め常に利用者の立場に立った介護サービスを提供する。

1.地域の介護施設としての役割を認識し、地域関係者また他の施設や福祉機関との連携を図り、地域住民の介護ニーズに応える。